歪んだ三角の和を求めて漫画8話晶はウマ並みチ〇ポがいい

歪んだ三角の和を求めて8話漫画内容

 

歪んだ三角関係に終止符が打たれたかと思いきや、まさかの展開が待っていた…!?
今回は【歪んだ三角の和を求めて】の第8話の見どころをご紹介していきたいと思います!

学園祭の為にユウキが女装したことから始まった、3人の奇妙な三角関係。
この快楽に溺れてしまいそうになっていた晶とユウキ、そしてダイチでしたが、学園祭の女装イベントが急遽中止になったことで関係に終止符が打たれました。
ユウキは女装を辞めて「男」に戻り、正式に晶と付き合うことに。
そしてダイチはそんな2人を友達として見守る、という本来あるべき姿に戻ったのです。

これで何の問題もなく普通の関係に戻った3人でしたが、実は晶とダイチには秘密がありました。
なんと2人はユウキの目を盗んで、未だに肉体関係を続けていたのです。
ユウキにバレないように放課後誰もいなくなった教室で身体を重ねる晶とダイチ。
ユウキのペ〇スよりも大きいダイチのペ〇スを後ろから挿入され、快感に震えながら絶頂を迎えてしまう晶なのでした。

ところがダイチにはもう1つ秘密がありました。
それは別の日の放課後のこと。
ダイチはユウキと2人きりで自分の部屋にいました。
けれど2人がしていたのはまさかのセッ〇ス。
そう、実はダイチは晶だけではなくユウキとの肉体関係も続けていたのです。

「お前変態だろ、男の俺を相手にこんな…っ」と言いながら、ダイチを受け入れるユウキ。
しかしユウキのペ〇スはギンギンに勃起していました。
「ユウキが誘惑してきたんだろ? 女装もしてないのに女の顔して…」と悪びれる様子もなく答えるダイチ。
するとユウキは「お前のせいで俺のケツはオマ〇コになっちまった…」と顔を真っ赤にしながらつぶやくのでした。

「俺がダイチの性欲処理してやらないと、お前のこのチ〇ポが晶に悪さするかもしれないから…」と必死に言い訳を探すユウキ。
しかしその表情は明らかに快楽を貪ろうとしている表情でした。
それをダイチに見抜かれ、更に強い快感を与えられるユウキ。
キスしたままペ〇スを扱かれ、そのまま絶頂を迎えてしまうのでした。

2人が行為に夢中になっていたその時、部屋の外から突然声が聞こえてきました。
「ダイチ~! ユウキ来てるの?」
それはなんと晶の声。
「晶!? ちょっと待っ…!」と焦るユウキ。
ところがドアノブはガチャンと回され、ドアが開いてしまうのでした…。

ダイチと肉体関係を結んでいたのは晶だけではなく、ユウキもだったのですね…!
このどんでん返しには驚いてしまいました。
しかもラストで晶が部屋にやってきて、ユウキとダイチの関係がバレそうになってしまいます。
ハラハラの展開でENDを迎えた「歪んだ三角の和を求めて」、とってもエロくて面白かったです!